知らないとヤバイ!ウォーターサーバーの赤ちゃんミルクを作る方法

知らないとヤバイ!ウォーターサーバーの赤ちゃんミルクを作る方法

従来の方法で赤ちゃんミルクを作っているママさん!
それってすごくもったいないです。ヤバイです。
一般的に知られているミルクの作り方は、鍋で授乳道具一式を鍋で煮沸して消毒することから始まります。次に、粉ミルクをお湯で溶かします。最後に、ボールに冷水を入れ、その中に哺乳びんを入れて、人肌になるまで冷ます。ここまでするのに一体どれくらいの時間がかかるでしょうか。
一方これから紹介する方法で赤ちゃんミルクを作るのは至って簡単。
煮沸による消毒も、粉ミルクを溶かすのもウォーターサーバーの熱湯ででき、人肌に覚ますのは冷水でできます。
これを読んでいるみなさまも知っている通り、水道水やミネラルウォーターには、雑菌が含まれているので、赤ちゃんミルクには使えません。
ですが、ウォーターサーバーのお水は品質管理をしっかり行い、きっちりパッキングされているので冷水も熱湯もどちらにも雑菌が入っていません。だからこそ、時間をかけずに赤ちゃんに安全なミルクが作れるのです。
さぁ、ヤバイ理由がわかりましたか?朝から夜中まで赤ちゃんのミルク作りに追われる毎日とはさよならして、少しでも自分の時間を確保しましょう。
きっと心に余裕が生まれて、笑顔になれまるはず。いつも優しい笑顔のママ、きっと素敵ですよ。